協会の活動状況・会員からの寄稿


■□■ ウズベキスタンへ「日本の美」を贈呈 ■□■


 以前皆様にもお願いいたしましたウズベキスタンジャパンセンターからの「タシケントにある日本庭園に展示する日本の着物を寄贈を」に対しまして、数々の暖かいお申し出をいただきました
 このたびお預かりした着物を10周年記念旅行のパーティーでお渡ししたところ、早速、ウズベキスタン・日本人材開発センターの稲葉所長よりお礼状をいただきましたのでご紹介いたします。

ーー日本ウズベキスタン協会の皆様へーー
 今般、タシケント日本庭園に高価な内掛けを始め大事な着物をたくさんご寄贈いただき感謝の気持ちでいっぱいです。今年6月末頃に、ウズベキスタンの関係者から、日本庭園で展示されている着物の状態が最悪で何とかならないかとの悲鳴を聞きました。困ったときは、日本ウズベキスタン協会と思っていた小生は貴協会の事務局に、こんな話がありますのでお力を拝借とご相談いたしました。また、協会の会報でもお願いの拙文を載せていただきました。それが、あれよあれよと思う間もなく9月23日に日本人抑留者ゆかりのナボイ劇場のレストランで贈呈式が盛大におこなわれました。10周年ツアーに参加された会員のみなさまが手分けしてご持参いただいた着物の贈呈式です。



 会場に、ご寄贈いただいた着物が展示される中、知日、親日家のウズベキスタン人と、10周年記念ツアーの参加者のかたがたとの交歓は大盛会でした。新聞3社とテレビ2局が交歓風景、着物の贈呈式を熱心に取材し、新聞、テレビともに報道されました。当日会場にはいなかった、多くのウズベク人が皆様からのご寄贈をメデイアを通じて知ることになりました。

 若い新婚カップルのお披露目の一番人気スポットである日本庭園で、皆様の温かいお気持ちが着物を通してウズベク人にまたひとつ伝わることになりました。新聞記事、テレビ放映録画は貴協会事務局へご報告します。

 当地に滞在するひとりの日本人として、またウズベキスタン・日本センターの共同所長として、皆様に厚く御礼申し上げます。ご寄贈くださった皆様始め会員の皆様、本当にありがとうございました。

ウズベキスタン・日本人材開発センター
共同所長 稲葉 泰

2008年10月26日(掲載)
このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2017 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら