最終更新日

 

ウズベキスタン共和国のご紹介
日本ウズベキスタン協会のご案内
活動状況・会員からの寄稿
協会の入会申込み方法
お問い合わせ
協会のパンフレットはこちら
嶌 信彦


横浜ユーラシア文化館
日本センター
Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。上記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータのOS用のソフトウェアを入手してください。


タシケント日本人抑留者資料館支援募金のご報告とお願い
 みなさまのご協力に感謝いたしますとともに,今後ともご協力をお願いします。>>詳しくはこちらから
(2016.7.29新規掲載)

新規会員募集
日本ウズベキスタン協会では新規会員を募集しています。
1 入会金
  個人会員 2,000円
  法人会員 20,000円
2 年会費
  個人会員 5,000円
  法人会員 30,000円
詳細はこちらをご覧ください。

(2006.03.30 掲載内容更新)

【特設サイト開設】「ノンフィクション『日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた』(嶌信彦,角川書店)」発売のお知らせ
 当協会設立のきっかけとなったのがウズベキスタンはタシケントにそびえ立つ「ナボイ劇場」。この劇場は対戦終了直後に当地で強制労働に従事した440名余もの日本人抑留者が工事に携わっていました。(>>続きはこちらから)(>>関連記事はこちらから)
 また,今回の出版を記念した特設サイトが開設しました。>>こちらから
(2015.12.23特設サイト開設案内追加掲載)

イベント詳細情報・活動報告
【ご案内】当協会新年会(会員以外の方も参加可能です)
「単なる宴会で終わらない!」のが当協会の新年会! 本年度は恒例のウズベクダンスの他,トークゲストとして5年ぶりの再登壇,プロサッカー選手の柴村直弥さん(緊急トークイベント!),料理教室研究家のディーリヤさん,古典弦楽器「ギジャック」を見事に奏でるウミドさんをお招きします。>>詳細はこちらから。
(2019.12.07新規掲載)

概            要
日 時 2020年1月25日(土)14:00~16:00
場 所 日本プレスセンター10階(千代田区内幸町2丁目1−1)
参加費 5,000円(税込)
(会員及びその同伴者並びに学生は3,000円,ウズベキスタンご出身の方は2,000円,留学生は1,000円,中学生以下の方は無料)※ いずれか最も低い価格が適用できます
申込み 会員の方は後日送付する会報誌同封の振込用紙での送金にて,会員以外の方は事務局宛まで。

【ご案内】当協会会長嶌信彦より新年のご挨拶および新年会のお誘いについて
会員の皆様には平素より当協会の活動への賛助を賜り、誠にありがとうございます。新しい年を迎え、皆様にとって吉き年でありますことを心より祈念しております。>>続きはこちらから
(2020.01.11新規掲載)

【ご案内】「中央アジアのこどもの絵」展のお誘いについて
寒の入りに入りました。厳しい寒さの中からかわいらしい子供たちの声が聞こえてきます。今年も中央アジアをはじめ世界の各地からのこどもたちの絵が届きました。子供たちの絵のコーナーは、皆さんから「明るく生き生きとした絵を見るとホッとしますね。」とのお言葉をいただきます。

新しい年を迎えお忙しい毎日から解放される頃でしょう。子供たちの笑顔に会いに来てください。>>詳細はこちらから
(2020.01.11新規掲載)

【ご案内】東京タワー文化フェスティバル開催!
 2020年1月18日(土)・19日(日)の2日間,東京タワーメインデッキClub333にて,「ウズベキスタンと日本の伝統楽器のコラボレーションコンサート」が行われます。>>詳細はこちらから
(2019.12.28新規掲載)

【ご案内】ウズベキスタン国営通信に日本ウズベキスタン協会の記事!
 当協会会員の松井様より首題の件の情報をいただきました。>>リンクはこちらから
(2020.01.11新規掲載)

【満席!】よみうりカルチャーに当協会会長嶌が登壇します
概            要
日 時 2020年1月18日(土)13:00~14:30
場 所 読売新聞東京本社3階『新聞教室』
講 師 嶌 信彦(当協会会長・ジャーナリスト)
参加費 2,420円(税込み)
申込み 満席となりました!

近年、日本や欧米からの旅行者が増えている成長著しいウズベキスタン。美しい青の都やシルクロードに魅了され、SNSにも数多く投稿されている国のひとつです。全編ウズベキスタンで撮影した映画が公開されたり、特集番組が放送されるなど、注目が高まっています。

第二次大戦後から日本とウズベキスタンは非常に関わりが深く、現在では多くの留学生が日本で学んでいます。世界遺産の古都の街並みや、青色のタイル装飾が施されたイスラム建築の数々…。

ウズベキスタンの魅力、そして日本とのつながりについて、この国と20年以上に渡って交流を続けるジャーナリストの嶌信彦氏がご紹介します。ウズベキスタンのお土産付き。>>詳細はこちらから
(2019.11.30新規掲載)

2019年度「嶌信彦の出前講座」開催のお知らせ
 2019年度も出前講座を開講します。なお,本年度も4回開講します。>>詳細はこちらから。
(2019.10.07 第2回テーマを掲載)

概            要
日 時 第1回:2019年5月25日(土)
第2回:2019年10月19日(土)>>テーマはこちらから
第3回
第4回
※ 時間はいずれも14:00〜16:00、開場は13:40です
場 所 日本フードサービス協会会議室
講 師 嶌 信彦(当協会会長・ジャーナリスト)
テーマ 開催月に話題の政治・経済・社会問題の分析・解説
※決定次第協会ホームページにてお知らせ致します。
定 員 30名(事前予約制)
参加費 1回分納付 1,500円(ただし,会員は1,000円)。
第2回以降のまとめ払いの場合,3,000円(一般,会員共通)
申込み 協会事務局までメールまたはFAXでお申し込み下さい。
お願い 会場へのお問い合わせはご遠慮願います。


【開講決定!】2019年度後期ウズベク語講座
 大変お待たせしました。2019年度後期ウズベク語講座の開講が決定いたしましたのでご連絡申し上げます。後期もよろしくお願いいたします。>>概要はこちらから
(2019.10.07開講確定情報掲載)

「2019年度後期ウズベク語講座」
日 時 (注)詳しくはこちらの要綱を参照下さい。
・初級2  13:00〜14:30
・中 級  10:30〜12:00
・中上級  14:40〜16:10
・上 級  16:20〜17:50
予定表 10月6日,10月20日,11月3日,11月17日,12月1日,12月15日,1月5日,1月19日,2月2日,2月16日
場 所 日本ウズベキスタン協会事務局
講 師 ウズベキスタン留学生
受講料 各10回コース
詳しくはこちらの要綱を参照下さい
申込先 協会事務局宛(メール又はFAX,若しくはTEL)に次の事項を記載の上,期日までにお申し込み下さい。
※ 御名前,会員・非会員の区別,連絡先(E-mail,TELなど),希望クラス
ご注意 申込締切:9 月25日(水)までですが,満席になり次第終了。



【記事情報】抑留の歴史は「友好の礎」 資料館長、対日関係に期待―ウズベク
 時事ドットコムニュースにジャリル・スルタノフさんの記事が2019年11月25日付で掲載されました。>>詳細はこちらから
(2019.12.13新規掲載)

【ご報告】「日本ウズベキスタン協会設立20周年記念 ウズベキスタン交流8日間」(当協会会長嶌寄稿)及び参加者による旅行記・写真寄稿
中央アジアのウズベキスタンへ行ってきた。今回は私が会長を務める『NPO法人日本ウズベキスタン協会』の20周年記念旅行で、9月6日から13日までの8日間の訪問だった。

会員と一般募集で募った約30人が参加し、和気藹々の実に楽しい旅だった。年配のご夫婦をはじめとして、中堅や20~30代の若手も交じり、普段ではなかなか一緒に旅行する機会のないメンバーでの旅行となった。>>続きはこちらから
(2019.09.29掲載)

※参加者による旅行記・写真寄稿はこちらのインデックスから
(2020.01.19追加掲載)

【ご案内】平和祈念展示資料館(特別展示「企画展「女性たちの戦争展」)
 戦後の苦しくつらい体験を伝える上で、女性たちの存在はとても大きなものです。シベリアに抑留された夫の帰りを待ち続ける妻、幼い子どもを抱えて満州から引き揚げる母親。家族との死別や生き別れにより、生涯にわたって深い悲しみに暮れた女性も少なくありません。本企画展では、そのような女性たちの戦争体験を貴重な資料とともに紹介します。。詳細はこちらから
(2020.01.11新規掲載)


© Copyright 2001 - 2020 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F
TEL03-3593-1400 FAX03-3593-1406 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com