最終更新日

 
ウズベキスタン共和国のご紹介
日本ウズベキスタン協会のご案内
活動状況・会員からの寄稿
協会の入会申込み方法
お問い合わせ
協会のパンフレットはこちら
嶌 信彦


横浜ユーラシア文化館
日本センター
Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。上記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータのOS用のソフトウェアを入手してください。


タシケント日本人抑留者資料館支援募金のご報告とお願い
 みなさまのご協力に感謝いたしますとともに,今後ともご協力をお願いします。>>詳しくはこちらから
(2016.7.29新規掲載)

新規会員募集
日本ウズベキスタン協会では新規会員を募集しています。
1 入会金
  個人会員 2,000円
  法人会員 20,000円
2 年会費
  個人会員 5,000円
  法人会員 30,000円
詳細はこちらをご覧ください。

(2006.03.30 掲載内容更新)

【特設サイト開設】「ノンフィクション『日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた』(嶌信彦,角川書店)」発売のお知らせ
 当協会設立のきっかけとなったのがウズベキスタンはタシケントにそびえ立つ「ナボイ劇場」。この劇場は対戦終了直後に当地で強制労働に従事した440名余もの日本人抑留者が工事に携わっていました。(>>続きはこちらから)(>>関連記事はこちらから)
 また,今回の出版を記念した特設サイトが開設しました。>>こちらから
(2015.12.23特設サイト開設案内追加掲載)

イベント詳細情報・活動報告
【募集開始】ウズベキスタンのスザニ刺繍講座(初級編)※開講決定
スザニとは、スザニは木綿か絹のベース生地に、これまたコットンかシルクの糸を使って刺繍がほどこされています。チェーンステッチ、サテンステッチ、ボタンホールステッチの3技法がメインに使われる他、縁取り用のカウチングステッチもよく見かけます。

ニルファー先生は、ウズベキスタンのスルハンダリア州バイスンで生まれ、スザニ刺繍の専門家として伝統的なバイスン地域のモチーフを用いた洋服や壁飾り、テーブルクロスなどの制作にあたられています。またそれらをアレンジしたモダンなデザインの衣装なども手掛けておられます。一方で、スザニ刺繍の教室で後進の指導に当たられています。今回は、伝統的なバイスン地域のモチーフを使った刺繍を刺繍針で仕上げていきます。カラフルなスザニ刺繍に皆さんも挑戦しませんか。参加お待ちしています。>>全文はこちらから
(2021.04.04新規掲載)

【募集開始】2021年度「ウズベク語講座前期」受講生募集のお知らせ
※全4講座とも開講決定
日本ウズベキスタン協会では、2021年度ウズベク語講座を2021年4月11日(日)より9月26日(日)まで、次の要領で開催する予定です。奮ってご参加ください。>>全文はこちらから
(2021.03.12新規掲載)

【お知らせ】世界はほしいモノにあふれてる「ときめきのシルクロード ウズベキスタン」の放送([NHK総合1・東京] 2021年2月18日(木)22:30〜23:15(45分))
シルクロード×かわいい! ウズベキスタンの古都、サマルカンド在住・雑貨バイヤーの買い付けに密着。オアシス都市で探すのは、いま世界のデザイナーが注目する魅惑のテキスタイル。苦難の歴史を経て守られた職人技とは。伝統工芸の町ブハラでは、幸せを運ぶコウノトリをかたどった特産品に一目ぼれ。MC鈴木亮平あこがれの世界遺産「青の都」や、シルクロードグルメも堪能。ウズベキスタン出身のゲスト、オルちゃんにも注目。

また、番組への協力として当協会の名前がエンドロールで登場します!>>番組ホームページはこちらから

なお,本年開設した当協会ネットショップにて,同番組関連商品を販売しはじめました。
(2021.02.14新規掲載)

【ご案内】事務局完全リモートワーク化について
この度の緊急事態宣言を受けて、当協会事務局は完全リモートワークとさせて頂きます。緊急事態宣言期間中のお問い合わせなどにつきましては、メールにてご連絡頂きますよう、お願い致します。

なお、緊急事態宣言解除後も事前のお知らせなくリモートワークとさせて頂くことも多くありますので、ご連絡につきましては、基本メールにてよろしくお願い致します。 皆様のご理解の程、よろしくお願い致します。
(2021.01.08新規掲載)

【DigiCon6 ASIA】ウズベキスタン映像への期待
DigiCon6 ASIAゼネラルプロデューサー大山様より,件名の寄稿を頂きました。

なお,DigiCon6 ASIAは、15分以内の短編映像を競うコンテスト。内容も自由、誰もが応募できます。2000年から日本で始まり、2006年からアジアに拡大し、今年の第22回には、ラオスとモンゴルが新たに参加し、16の国・地域が参加するユニークな映像フェスティバルに成長してきました。

若いクリエイターの才能を見いだし、映像を通じた相互理解を目的としたTBSの国際貢献CSR活動の一環です。>>続きはこちらから
(2020.09.06新規掲載)

【寄稿】当協会理事ハサノフ・ジュラべックより「ウズベキスタンコロナ現状──一般市民生活への影響──」をご案内します
初確認
 ウズベキスタンで初の感染者は3月15日フランスから帰国者に確認された。首相が委員長を担うコロナウイルス特別委員会が設立され段階的に政策を実施した。感染確認後水際対策として国際便運航の停止、出入国の制限を行った。

水際対策
 初感染確認後、入国の制限、町中の移動の制限、公共交通機関の運航の停止、門限付きの移動許可、曜日別の制限など実施してきた。また外国から入国者を対象に全面的隔離を実施した。世界でも初と言われている1万5千人を収容できる隔離施設を建設したり、感染者の国内の広がりを防止した。特徴的なのは>>全文はこちらから
(2020.09.13新規掲載)

【ご報告】(追記)駐日ウズベキスタン大使館から新型コロナウイルス感染症拡防止に向けた寄付金について
皆様よりお預かりいたしました寄付金に対し,先日駐日ウズベキスタン大使よりお礼状をいただいております。本来であれば,個別にご案内すべきところですが,この場をお借りしてご披露させていただきます。>>お礼状はこちらから
(2020.08.15追加掲載)
新型コロナウイルス感染症拡大により自宅で過ごされる時間も多く、ストレスを感じられている方も多いことと思います。

既報の通り私の事務所および私が会長を務める日本ウズベキスタン協会も今月からリモートワークを実施しております。皆様、どうか気を付けてお過ごしください。

さて、このたび、ファジロフ・ガイラト駐日ウズベキスタン共和国大使より『ウズベキスタン慈悲健康基金』への寄付金の募集のご案内をいただきましたので、皆様にご案内を申し上げます。>>詳細はこちらから
(2020.05.16追加掲載)

2020年度「嶌信彦の出前講座」開催について
 2020年度の出前講座ですが,現状開講未定です。なお,2019年度に3・4講目の受講料をお支払いの方については,追って調整をさせていただきます。
(2020.05.06 新規掲載)



© Copyright 2001 - 2021 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F
TEL03-3593-1400 FAX03-3593-1406 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com