協会の活動状況・会員からの寄稿
**☆彡o。__________________。o☆彡**
盛況だった協会の新年会
新年会へのご参加200人がイベントを楽しむ
■□ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□■

 早くも新年からひと月あまりが立ちました。当協会の新年会は、1月20日午後2時から190人の方にご参加いただいて、盛大に行われました。1週間前までの申込みは50人弱で今回は寂しい会になるのではないかと心配していましたが、週が明けると同時に申込みが急増し、前日には160人の申込みがありました。当日は在日ウズベク人とその家族の皆さんが40人ほどいらしていたので盛会となりました。

 ゲストには「あとは野となれ大和撫子」の小説で昨年の直木賞候補となり、今回の芥川賞候補にもなられた新鋭作家の宮内悠介さんをお招きして楽しい話を聞きました。史上最大の環境破壊といわれ砂漠化した土地にアラルスタン共和国をつくり、イスラム勢力と戦う日系女性ナツキなどを中心とした冒険エンターテインメント小説で、小説成立の裏話などを聞いたり、直木賞などの候補になったときの騒ぎなどもリアルに語っていただきました。

 また、正月らしい恒例のグリスタンの皆さんによるウズベクダンスや駒崎万集さんのドタールの演奏もありにぎやかでした。ウズベク大使館によるウズベク料理も参加者の皆さんに堪能いただけたようで成功裏に終了しました。ウズベクのプロフは温かいほうがおいしいということで、パーティーの始まる直前に運び入れてくださいました。大使館の方々の暖かいお心遣いにみんな感謝していました。

 当初は申込みが少なく、本当に心配していましたが、事務局長や理事が必死に知人・友人を誘ってくれたり、Facebookやホームページに掲載したおかげで、多くの方に来場いただき盛大な会になったと思います。1年の始まりとして上々の出発でした。皆さん、ありがとうございました。

 今年はウズベキスタン協会発足から20年になります。どんな記念行事を望まれるか、どんどん積極的にご意見を事務局にお寄せ下さい。

 なお、今回ゲストにお越しいただいた宮内悠介さんは今月2冊本を上梓されます。トーク・イベント等がいろいろあるようです。ご本人がFacebookに情報をまとめられたものを掲載されておりましたのでご紹介いたしますのでご覧いただけると幸いです。

 今年もよろしくお願いします。

(寄稿者:嶌 信彦)
2018年02月03日(新規掲載)
このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2018 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら