協会の活動状況・会員からの寄稿


【11/15開催シンポジウム】動乱のアジア
─どうする日本 米朝、習近平中国など―
 いよいよ一流論客によるシンポジウム「動乱のアジア ―どうする日本 米朝、習近平中国など―」が11月15日(水)に18時30分より開催。場所は日比谷公園内日比谷図書館ホール。

 パネリストに重村智計(元早稲田大学教授。毎日新聞記者としてソウル特派員、ワシントン特派員、論説委員などを歴任)<アジア、朝鮮半島情勢>、田中均(日本総合研究所国際戦略研究所理事長・元外務省)<アメリカ、国際情勢、アジア>、富坂聡(拓殖大学海外事情研究所教授、ジャーナリスト)<中国、アジア情勢>をお迎えし、司会は会長の嶌信彦及び副会長の川戸惠子が務めます。

 定員200人ですので、お早めにお申し込みください。

 北朝鮮問題、10月に行なわれる中国共産党大会の方向など今年はアジアの行方が気になります。そこで、専門家をお招きし、じっくり掘り下げた討論会にしたいと考えています。(印刷用チラシはこちらから)(当協会会長嶌の公式ホームページの寄稿はこちらから(新規寄稿はこちらから))



概         要
日  時11月15日(水)18時30分(開場18時)〜20時30分
場  所日比谷図書文化館大ホール(日比谷公園内日比谷図書館地下)
参加費一般1,500円 当協会会員1,000円(当日払い)
(会員と同伴の方は会員価格1,000円)
主催NPO日本ウズベキスタン協会
パネリスト
(敬称略)
・重村智計(元早稲田大学教授。毎日新聞記者としてソウル特派員、ワシントン特派員、論説委員などを歴任)<アジア、朝鮮半島情勢>
・田中 均(日本総合研究所国際戦略研究所理事長・元外務省)<アメリカ、国際情勢、アジア>
・富坂 聡(拓殖大学海外事情研究所教授、ジャーナリスト)<中国、アジア情勢>
・嶌 信彦(当協会会長、ジャーナリスト)<討論司会>
・川戸惠子(当協会副会長、TBSシニアコメンテーター)<総合司会>
申込方法
(先着200名)
「シンポジウム申込み」として「氏名」「連絡先電話番号」「一般(又は会員)」を記し、メール(jp-uzbeku@nifty.com)又は電話(03-3593-1400)、FAX(03-3593-1406)にてNPO日本ウズベキスタン協会事務局までお申し込みください。
申込締切定員になり次第締切
2017年11月05日(リンクを追加)

このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2017 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら