協会の活動状況・会員からの寄稿


**☆彡o。__________________。o☆彡**
新 年 会 は 1 月 23 日(土)
新年会史上初! タシケントの日本人抑留者資料館を
私費で運営するスルタノフ氏の来日!

■□ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□■

【一般の方も参加頂けます!!】
 当協会の新年会は1月23日(土)午後2時からいつものプレスセンター10階会議室で行ないます。
 今回はタシケントの日本人抑留者資料館を私費で運営してこられたスルタノフ氏も会長嶌信彦とのトークショーでのメインゲストとして参加します。
 ウズベキスタンからのゲストを迎える今回の新年会は,当協会の新たな歴史の幕開けです。

※ スルタノフ氏招聘関連記事
 10月に中央アジア5ヵ国を訪問した安倍首相は、戦後日本人抑留者の功績と歴史を伝え続けてきたウズベキスタンの民間人ジャルリ・スルタノフ氏(70)と会い1月にも日本へ招待することを伝えた。日程が合えば1月23日の当協会新年会にも来て頂き話を伺うことを計画中だ。
 スルタノフ氏は勤勉な日本人抑留者の話や自ら技師となった時、日本人の技術の高さにも魅せられ、日本人のゆかりの収容所や墓地などを巡り当時を知る人から聞き取り調査を行なってきた。
 特にナボイ劇場の建設秘話やそれ以外にも水力発電所や工場、学校建設の話なども聞くに及んでそれらを資料として残すため、16年前の1998年にタシケントのヤッカライ日本人墓地の近くに自ら資料館を作り個人運営を続けてきた。それらの歴史を知ったウズベク日本大使館の加藤文彦大使らがスルタノフ氏に感謝状を送り、現地日本人関係者や当協会が相談してスルタノフ氏を日本に招待しようという話が持ち上がった。それを聞いて当協会が安倍夫妻や官邸関係者に働きかけたところ、今回の5ヵ国訪問の際、安倍首相の口からスルタノフ氏に招待の話がもちかけられたという。

※ 関連記事
 ・2015年10月22日から──安倍総理中央アジア歴訪>>こちらから
 ・私費で日本人抑留者史料館を運営するスルタノフ氏
     ────長年の功績で外務大臣表彰受賞────>>こちらから

■2015年度 「新年会」のご案内
概 要
[日 時]2016年1月23日(土)14:00〜16:00

[会 場]日本プレスセンタービル 10 階(千代田区内幸町 2 ― 2 ― 1)

[交 通]東京メトロ 千代田線・日比谷線 霞ヶ関駅 C4
     東京メトロ 丸ノ内線 霞ヶ関駅 B2
     都営三田線 内幸町駅 A7
     ※ 駐車場はありません。
     ※ 会場周辺の地図はこちらをご参照願います。

[会 費]3,000円(学生2,000円,留学生及びウズベク出身の方1,000円)
     ※1 会員の方は,事前に送付します会報同封の郵便振替用紙にて入金下さい
     ※2 会員以外の方は,当日受付にて現金にて会費をお支払い下さい
     ※3 中学生以下の方は無料です
     ※4 立食パーティー

※ 会場へのお問い合わせはご遠慮願います
<会員の方>新年会申込方法
事前に送付します会報同封の郵便振替用紙での入金をもって,申込みとします。
(注)参加申込〆切は1月21日(木)です。
<会員以外の方>新年会申込先
電話   :03―3593―1400
ファックス:03―3593―1406
メール  :jp-uzbeku@nifty.com
(注)参加申込〆切は1月21日(木)です。

このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2018 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら