協会の活動状況・会員からの寄稿

【ご報告】婦人協会:文楽鑑賞にご招待いただきました

 婦人協会より、2月8日には国立劇場の「文楽公演」に留学生と会員が招待されました。当初、留学生2名と会員2名の希望者がありましたが、インフルエンザが猛威を振るっている最中で、当日は留学生は慶応大学修士課程在学のナイジェリアからの留学生クリスティンさんと事務局の2名のみの参加になってしまいました。
 出し物は「七福神宝の入船」と「近頃河原の達引」の2本。前者は、宝船上で七福神がそれぞれの芸を披露し新年を寿ぐと言う明るくおめでたいもの。後者はやむなく人を殺めた恋人の伝兵衛と添い遂げる決心を変えないおしゅんの覚悟に、猿回しををしている兄が祝福の猿回しで送り出すという明るい未来を感じさせてくれるストーリー。どちらもわかりやすく、クリスティンさんは、「面白い」と。黒子が人形を操るのにも興味を持ち「本当に楽しかった有難う」を連発していました。武藤会長、佐藤副会長はじめ会員の皆様にも暖かく接していただきました。
 4月からは日本企業に就職と言っていました。元気に活躍しているでしょうか。
(寄稿者:永峯 和恵)
2014年06月29日(新規掲載)

このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2018 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら