協会の活動状況・会員からの寄稿

【ご報告】東京国立博物館館内見学会と交流会

 文化交流会社会見学の一環として、2013年12月7日(土)日本ウズベキスタン協会主催で「東京国立博物館館内見学会と交流会」が行われました。
 ウズベキスタン側からは、トゥルスノフ大使夫人とご令嬢お二人の他、大使館スタッフのご家族、留学生とその家族など25人が参加し、日本側からは、当協会の嶌会長はじめ会員や一般の方々も多数加わり、シルクロード関係の展示品を、東京国立博物館の小泉学芸員の説明に耳を傾け、熱心に見学・学習しました。
 本館の展示では、日本の仏像が、中国や朝鮮半島の影響を受けて、時代ごとに特色ある表現と技法によって、つくられていることが参加者の関心を集めました。
 小袖、友禅染、能装束などの着物は、日本の美しい衣生活を示すものとして、特に大使館関係者の興味をそそるものでした。また、この時期は、東京国立博物館の庭園が一般公開されていました。寛永寺の庭であったと言われるこの庭園の中には、六窓庵、転合庵、応挙館等、五棟の茶室があり、日本の紅葉の美しさが、ウズベキスタン人に憩いを与える機会となりました。
 観覧のあとの交流会では、言葉や文化は異なっても、和気藹々、日本とウズべキスタンの友好関係を深めることが出来ました。
(寄稿者:菊田 司津子)
2014年06月29日(新規掲載)

このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2018 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら