協会の活動状況・会員からの寄稿


(文化交流委員会主催)東芝科学館訪問
大人も子供も「科学」にびっくり

>>こども感想文はこちらから

 文化交流委員会社会見学行事の一環として12月10日に、東芝科学館に見学を実施しました。
 「人と科学のふれあい」をテーマにした文化活動拠点の東芝科学館は、2011年11月に開館50周年を迎えました。ウズベキスタン大使館関係者及びウズベキスタン協会会員総勢25名で訪問しました。
 科学館大ホールで、河本副館長の御挨拶、東芝の紹介DVD上映の後、館内を見学しました。科学館のアテンダントの久我さんによる日本語の説明のあと、当協会の内田昭二氏の堪能なロシア語による通訳・解説が行われました。
 デジタル映像コーナーやエレベータコーナーなどで、東芝の最先端の技術の説明を受けました。スカイタワーには、東芝エレベータが使用されているそうです。
 環境とエネルギーのフロアにある「科学を体験する」コーナーでは、50万ボルトの静電気現象で子供達の髪が逆立って上がってしまい、子供たちは驚いた様子でした。
 また、大人は、「一号機ものがたり」のコーナーで、大正、昭和時代の洗濯機、掃除機、テレビなどの展示に懐かしさを感じ、ワープロの機械の大きさに驚き、いかに製品が小型・軽量化・高性能化して来たか、時代の変化を実感することが出来ました。 
(寄稿者:菊田 司津子)
2011年12月23日(新規掲載)

このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2017 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら