協会の活動状況・会員からの寄稿


キルギス南部のオシ市で最近発生した騒乱にかかる寄稿
「キルギス臨時政府からの国際アピール」について

○ 現在、キルギス共和国は大変困難な状況にあります。6月16日付で、キルギス外務省より小生(キルギス大統領経済顧問、日本・キルギス交流協会理事長兼務)宛に添付の「臨時政府からの国際アピール」が届きましたので、ご参考までに仮訳(研究所・相澤)にてお届けします。
 ※ 田中所長の解説文の後に掲載しています

○ 4月6日の「第2革命」によってバキエフ第代大統領が追放・亡命した後、6月10日〜11日に南部のオッシュ、ジャララバードを中心にキルギス族とウズベク族の民族衝突に発展、数百人の犠牲者と40万人と言われる難民が発生しました。

○ 6月27日のレファレンダム<国民投票>によって、新憲法の採択、臨時大統領の信任が行われ、平和と安定の回復に一歩踏み出したと見ることもできますが、国内政治の対立構造と民族対立の根深さは簡単なものではありません。国際社会のキルギス情勢理解と具体的な支援は不可欠です。

○ このアピールは「民族衝突の拡大」と「国民投票」の間に書かれたものですが、そのほとんどは今回臨時大統領として信任された小生の古い知己でもある「ローザ・オトゥンバエワ元外相」の手になるものと思われます。政変と混乱の複雑性と臨時政権の覚悟が読み取れると思います。
(寄稿者:田中 哲二(中央アジア・コーカサス研究所所長))


─「共にこの災厄をくい止めよう!」─
キルギス共和国臨時政府からキルギス国民及び国際社会へのアピール

 この悲劇的な日々に、私達と祖国を同じくする何百もの人々が、憎しみと同胞同士の殺し合いという狂気の犠牲者となりました。扇動者によって煽られた何千人もの人々がポグロム、略奪、殺人、暴力の中に引き込まれました。
 子供から老人まで、国全体が犠牲者を思って深い悲しみに包まれています。今、この悲しみに関わらずにすんでいるキルギス、あるいはウズベクの家族は一つとしてありません。起きてしまったことの原因、それは前政権の権力を取り戻そうとするかなわぬ意図にあります。長年彼らは私達国民からエネルギーを吸い取り、教育と医療、警察と軍、経済と文化といった、国をまもるべきメカニズムを壊してきました。国家機関を破壊したまま、彼らは国を無人の焼け野原にしようとしています。「ファミリー」のメンバーは、全世界に対し国民を血の海に沈めると約束し、それをどのように実行しているかを私達は目撃したのです。
 自らの国民、自らの同胞や隣人に敵対し、自らの祖国に背いて、犯罪的な企てを実行し、以前の母国を血に沈めるために、彼らは傭兵を何十人と送り、扇動者を何百人と雇いました。今彼らの良心をとがめるのはすでに何百人の犠牲者が出ていることであり、最も恐ろしいのは、兄弟関係にある民族同士の民族間対立の状況にあります。私達は、爆発物や武器だけでなく、怪物のような情報扇動という手段を使う、新しい種類のテロイズムに直面しているのです。大規模な民族間対立の組織化と扇動という、現代的な大量破壊兵器が、事実上使われているのです。
 起きてしまった悲劇の真の原因は、キルギスから追われた打倒された部族の代表者達によって計画、実行されたテロの破壊行為にあります。
 私達は、この困難な時代に、国家に対する責任を負った人間として、全ての国民と犠牲者や被害者の出たそれぞれの家族に、この災厄からお守りすることができなかったことについて許しを乞いたいと思います。私達は権力の座についてわずか2ヶ月なのです。そんな私達に対して、すでに多くの血を失った国からさらに汲み出された次元の違う資源が投入されたのです。私達は、最も困難な時期に敵と一対一で留まらなければならなかったのです。しかし、それで起こってしまったことに対する私達の罪が消える訳ではありません。
 そして、私達はその罪を償うつもりです。私達は、どこに隠れていようとも、扇動者と組織を見つけ出して罰します。私達は即座に彼らの犯罪の調査に着手し、関係委員会の調査結果を国民にお知らせします。私達は、被害者及び犠牲者の家族に対しあらゆる必要な援助を行います。暴力と破壊にさらされた地区で通常の生活を回復させるための全てを行います。
 私達は、この恐ろしい悲劇の陰に、ある民族の他の民族に対する憎しみは存在していないという強い確信を持って、キルギスの全国民に向き合うことができます。私達は、犯罪者達が民族に関わりなく人々を殺害し略奪するのを見ました。他方で、この時何千という私達の同胞が、災厄や追撃から自分の隣人や友人、そして見知らぬ人間でさえ助けましたし、避難場所とサポートを与え、水や食料を無欲に彼らと分け合ったのです。
 国中の地区、都市、村の何十万人のキルギス人が、この悲しみを自らの心に受け止めました。彼らは、悲しみに対して同情の言葉で応えただけでなく、相応のサポートで応じたのです。何百人もの人々が祖国防衛軍の一員となり、あるいは、自警団に入るために自発的に徴兵地区に集まりました。国中から被災地へ人道支援が届きました。キルギス人、ウズベク人そしてキルギス在住のその他の民族の圧倒的多数は、今回発生した事件を共通の悲劇として理解しています。
 犯罪者たちは、捕まって罰せられない限り、心安らぐことがないのは明らかです。今日、オシュ並びにジャララバード州における状況は平常化しつつあります。しかし、国の他の地域を含めて新しい扇動活動が準備されています。権力の座を追われた「ファミリー」の代表者達は,私達の国民に対してテロを予告し、あらゆる扇動活動を用意しています。
 私達は、全キルギス国民に、最大限に用心深くあるように、扇動に屈することのないように求めます。やむをえない状況にあるとしても、パニックの種をまき、民族間対立をあおり、紛争の火をつけている人々を、私達一人ひとりが止めなければなりません。
 法執行機関、国民治安部隊、私達の軍は、現在そして選挙の実施まで常に強化態勢で業務にあたります。最終的に国に合法的な国家権力を復活させる、政治的措置の実施を可能にする必要があります。
 臨時政府のメンバーは一人も権力に固執することはなく、いつでも身を引く用意があります。しかし、この条件の下に、速やかに国民の充分な信頼を得て、国に秩序をもたらすことのできる、私達以外の力が存在するとは思えません。いずれの政治家も約束を言明もしないような奇跡は起こりません。私達は自らを理想的で唯一可能な政府だと考えている訳ではありませんが、そのような理想的な政府などというものは現在ありえないと確信しています。「川を渡っている最中に馬を替えるな」です。そして、強制的圧力あるいはあらゆるその他の暴力的手段によって、臨時という形で存在しているこの権力を壊す全ての試みは、国家にとって破壊的で混乱を導くものです。現在「ファミリー」は、キルギス国民に対する新しい攻撃を始めるために、そのチャンスを待っているだけなのです。
 安定化は政治的問題の解決を通じてのみ可能です。つまり、国民投票及び議会選挙の実施です。臨時政府は、憲法草案に関する国民投票の実施直後に選挙を告知する予定です。選挙は法律に従って可能な一番早い期日に決められます。
 国民投票を阻止しようとするあらゆる努力は、混乱への道であり、政治的問題の解決を引き延ばすものでしかありません。キルギスの責任ある政治家及び国民にとって必要のないものです。選挙の早急な実施こそ、安定への唯一の方法であり、扇動活動と敵対行為を止めるものなのです。
 臨時政府は、国民に対して開始された戦争行為と戦うため、相応の全ての方法を用いています。私達は、この困難な時期に、流血の惨事を止め、紛争の拡大を許さず、被害者を助けるためにその応分の貢献をした全ての国民や住民に深く感謝をしております。私達はCSTOのパートナー、第一にロシアに感謝しています。ロシアは、私達の問題に理解を示し、紛争打開と情勢の安定化のために物質的な援助、そして人道援助を行うことを決定しました。国連、SCO、EUそして世界のその他の国々がキルギス国民に向けて示した注意と配慮は,私達にとって非常に価値のあるものです。私達は、私達の兄弟であるウズベキスタン国民およびイスラム・カリモフ大統領に対し、その英知とこの災厄の中での格別な援助とに特に感謝しております。
 私達は、世界の政治的、情報的、専門的集団に、私達の国で起こったことへの理解と慎重な評価を求めます。私達の悲劇を悪用することは、このような時代にあっては適当ではありません。国民は自らの人生の悲劇的なステージに立っています。私達は民主的権利のために戦っており、前政権の苛烈な抵抗にあっています。私達は、国民の権利の実現のため、自らの未来の自由で開かれた選択に向かって、困難な、時に犠牲を払わねばならない道を進んでいきます。
 この苦しい日々に、私達は共通の災厄に直面しましたが、全てのキルギス国民のサポートによって、私達は悪意と混乱の力に勝利するでしょう。よりよい未来への道がどんなに困難なものであっても、共に乗り越えられるでしょう。
(訳:相澤(中央アジア・コーカサス研究所))
2010年07月12日(掲載内容追加)
このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2017 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら