協会の活動状況・会員からの寄稿


国際交流基金・Bunkamura・朝日新聞主催
−文化芸術交流−
インド・イラン・ウズベキスタン・日本のコラボレーション
《演じる女たち》 ギリシャ悲劇からの断章


 インド・イラン・ウズベキスタンの精鋭演出家が,ギリシャ悲劇の“女性”を媒介に,今日の世界を描きます。
 第 1 部がウズベキスタンのオブリヤクリ・コジャクリ演出『メデイア』,第 2 部がイランのモハメド・アゲバティ演出『イオカステ』,第 3 部がインドのアビラシュ・ピライ演出『ヘレネ』。
 各パートを繋ぐ部分は,インドの女性演出家アヌラダ・カプールによる演出。
 日本から,現代アート作家の中山ダイスケが舞台美術,国広和毅と柴田暦が音楽で参加します。
 詳細は下記URLからご覧ください。
 http://www.jpf.go.jp/j/culture_j/news/0612/12-09.html


日 時 2007 年 10 月 6 日(土)〜 8 日(月)
6 日(土) 開演 18 時
7 日(日) 開演 13 時,開演 18 時
8 日(月) 開演 13 時
* 8 日の終演後,ポスト・パフォーマンス・トークあり(司会=内野儀)
会 場 Bunkamura シアターコクーン(東京・渋谷)
・アクセスマップ:http://www.bunkamura.co.jp/access/index.html
・Bunkamura Tel : 03 - 3477 - 3244 < 10 時から 19 時>
入場料
S 席 6,500 円,A 席 5,000 円,コクーンシート 3,500 円
(全席指定・税込み)
主 催 国際交流基金,Bunkamura,朝日新聞社

※ 当公演については直接「国際交流基金」へお問い合わせください

2007年9月3日(掲載)

このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2017 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら