協会の活動状況・会員からの寄稿
六義園・上野動物園見学会の報告

 11月26日、文化交流委員会主催の六義園・上野動物園見学会が行われました。 当日は朝からどんよりと曇り空、寒い風が吹いてきて(毎度の事ながら)参加者がちゃんと集まるかしらと少し不安に思いながら駒込駅に集合した私たち実行委員でした。それでもこれまた毎度の事ながら予定の時刻を少し過ぎはしたものの大使館からは小さなお子さんも含めて20数名(何度数えても数が合わず行く先々でてんやわんやした)、留学生が9名、協会の会員が11名に会員以外の日本人が1名と大賑わいになりました。
 六義園は期待の紅葉が少し遅れているようで錦をちりばめたような,と言うには物足りなさもありました。それでも池には鴨もたくさん泳いでいてそれなりに晩秋の日本庭園の風情を楽しむことが出来ました。大使館の皆さん、留学生それぞれ日本の秋をカメラに写し取っておられました。
 それほど特別広い園内ではありませんが巧みに配置された池や小径につい迷ってしまい再集合の場所に予定の時刻に戻ってこられなかった人もいたようです。それでも約1時間ほどで園内の散策を無事終了しました。
 そのあとは皆さん期待の昼食会。山手線で御徒町まで移動して焼肉ランチです。以前同様の昼食会を行ったときは食事の最中に留学生がどんどん増えて最終的に何人参加したの?といったこともありました。今回はそのようなハプニングも無く落ち着いた雰囲気の中でそれぞれのテーブルでウズベクの人達と日本人、あるいはウズベクの留学生同士の懇親を深めることが出来ました。
 ウズベクの留学生でも本国で知り合っている、あるいは日本で同じ大学にいるといった仲間の情報はあってもそれ以外の留学生の情報はなかなか少ないようでわれわれの提供するイベントも結構彼らにとって貴重な同国人との交流の機会になっていると感じました。
(須賀 節子)

 食事のあとは、動物園に向かいました。
 園内は自由行動となったため、それぞれが見たい動物のいる場所へと移動しました。大きな背中を向けたパンダ、ガラスに迫ってくるライオン、「ほっ!ほっ!」と奇妙な鳴き声を上げるおさるさん。子供達は大喜びです。
 「ワァきれい!」と言う声が耳に入り、行ってみるとフラミンゴのいる場所で深紅の羽毛に白くて細い脚1本ですっと身動きしないで立っている(2本脚のも見えたけど…)20〜30羽のフラミンゴの群れが目に入りました。その深紅がきれいなこと!! その場所だけが紅葉しているようでした。それぞれ皆さん楽しんでいただけたと思います。
(岩崎 知子)

 六義園内を散歩したり、上野動物園で動物を見たり楽しく過ごしました。動物園の中で自由見学になったので、見終わったあと皆様に会えずお礼を言えず残念でした。
 どうもありがとうございました。
(留学生サイダリさん:一ツ橋大)
このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2017 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら