協会の活動状況・会員からの寄稿


「ウズベク語会話教室(ウズベク文化交流展)」閉会の辞

「ウズベク文化交流展」でウズベク語会話教室が開かれました。旅行の際等に役立つような簡単な 10 通りの表現をまとめたテキストで勉強しました。

一時間足らずの短い時間でしたが、参加者のなかにはウズベク語に関心を持っている人が多く、熱心な雰囲気でおこなわれたように思います。

数人ずつのグループに分かれ、留学生の先生を囲んでレッスンをしたので、ネイティブのウズベク語に身近にふれ、参加者は良い体験ができました。ウズベク語の腹の底からでる深い音に魅せられた方もいらっしゃったのではないかと思います。

人は言葉を使って考えます。言葉は民の基本的な文化です。言葉を知ることによりその民の物事の考え方を察知し、民族性までもある程度深いところで捉えることができるように思います。

ウズベク人の言葉は草原を馬で疾駆した彼らの古い祖先の姿を彷彿とさせます。聞く度に草原の風にふれたような爽快な気分を味わいます。

寄稿者:山口 久子
 
2005年4月27日(掲載)
このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2018 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら