協会の活動状況・会員からの寄稿
『外務省勤務35年―日本は変わる、世界は変わる』
−河東哲夫・在ウズベキスタン大使講演会(10月30日)のご案内−

早稲田大学

 以下のとおり講演会を行います。学内外どなたでもご聴講いただけますので、お誘いあわせの上、ご参加ください。また、ホームページへのリンク、メーリングリスト、メールマガジンへの掲載など可能な範囲で広報にご協力いただければ幸いです。

 2002年7月より日本とウズベキスタンの交流に尽力してこられた在ウズベキスタン河東大使が今般一時帰国されます。早稲田大学ではこれまでウズベキスタンの世界経済外交大学、サマルカンド国立大学との学術交流協定の締結、20名近い留学生の受入れ、1万冊を越える図書の寄贈、カリモフ大統領への名誉博士学位贈呈など同国との交流を推進して参りましたが、河東大使帰国の機会に以下の通り講演会を開催いたします。これまでの固定観念が通用しなくなったアメリカ、ヨーロッパ、ロシア、中国など世界情勢の基本トレンドについて現役の大使から直接にお話を伺える貴重な機会となります。万障お繰り合わせの上、ご参加いただければ幸いです。

 河東大使は外務省に勤務されて35年、これまでに外交官として西欧、ロシア、アメリカ等に在勤されている他、評論、文学にも活躍し、ソ連崩壊を背景とする大河小説『遥かなる大地』の著者としても知られています。このたびの講演会ではその豊富な経験と深い洞察に基づき、今の世界で静かに進んでいるパラダイムの変化についてお話しいただきます。

主催:早稲田大学
■日   時 2003年10月30日(木)14:45〜16:00
■会   場 早稲田大学西早稲田キャンパス
総合学術情報センター国際会議場3階第3会議室
東京都新宿区西早稲田1-20-14
http://www.waseda.ac.jp/koho/guide/univ18.html
■対   象 学生・教職員・一般
■参 加 費 無料です。
■使用 言語 日本語
■お申し込み shiro@waseda.jp宛に「お名前」・「ご所属」・「講演会名」を送信してください。
■ホームページ http://www.waseda.ac.jp/intl-ac/uzbekistan.html
■河東哲夫大使略歴
 河東哲夫大使は、1947年東京生まれ。1970年に東京大学教養学部を卒業。同年外務省入賞、ハーバード大学大学院ソ連研究所、モスクワ大学文学部での研修を経て、東欧課長、スウェーデン大使館参事官、文化交流部審議官、ボストン総領事、ロシア大使館特命全権公使などを歴任。
 2002年7月より現職。著書に『ロシアにかける橋』、また、嵯峨冽の筆名で『ソ連は変わるか』、『ソ連の試練』、さらに熊野洋の筆名で激動の現代ロシアを描いた大河小説『遥かなる大地−イリヤーの物語』を発表。
◆照 会 先 早稲田大学国際部国際課
(電話:03-3203-7747・E-mail:shiro@waseda.jp)までご連絡ください。
2003年10月21日(掲載)
このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2018 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら