協会の活動状況・会員からの寄稿
来日ウズベキスタンジャーナリストより感想
日本外務省国際報道官室の招聘で来日した、フィドコール紙記者のウルグベク・バフリジノフさんが、10月17日当協会を訪れました。そのときの感想をいただきました。(2002.11.08更新)
私の日本在中に日本ウズベキスタン協会の白木副会長と柿谷事務局長に会うことができた。東京にこうした協会があり、他の中央アジア諸国に先駆けてウズベキスタンを日本に紹介してくれていることをうれしく思った。

お二人と楽しく懇談する中で、ウズベキスタンの伝統や文化を紹介する協会の活動のことや、ウズベキスタンへの最近の旅行の話とか、日本に留学中していたウズベク人の結婚式に出席したこと、フェルガナにある日本学校のことなどいろいろな話を聞くことができた。日本人とウズベク人がお互いに興味を持っていることがよくわかった。数世紀にわたってふたつの民族を結んでいたシルクロードにあるサマルカンド、ブハラなどの町への興味は日本人にとっては特に大きいようだ。

今まで長年にわたって私たちには交流の機会が少なかったが、日本ウズベキスタン協会は両国民がより緊密に知り合い、協力し合い、永遠の友好関係をつくるため今後も活発な活動をしてくれるものと期待する。そうした方向への端緒はすでに見られる。それは両国政府の戦略的パートナーシップ合意であり、ウズベキスタンにおける日本文化デイの毎年の開催であり、タシケントー大阪直行航空便開設、交換留学生制度などである。
協会の今後の発展を祈って有意義な懇談を終えた。思い出に残る出会いだった。
(高橋由紀子会員訳)

(ウルグベク・バフリジノフ・フィドコール紙記者は日本外務省国際報道官室の招聘で、他のタジキスタン、カザフスタンの新聞社編集長二人と一緒に来日)
 
このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2018 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら