協会の活動状況・会員からの寄稿
ウズベキスタン共和国 独立11周年記念レセプション(2002.10.04更新)

ウズベキスタンが旧ソ連邦より1991年に独立して11年、その記念レセプションが9月25日にホテルニューオータニの鳳凰の間にて大使館主催で午後6時30分より開催されました。
当日は、政界、経済界、マスコミ、在日外交官、商社、留学生、当協会を含む民間団体等ウズベクと交流のある関係者約1,000人が独立記念の祝福に集まったようです。会場入り口では、オチロフ大使夫妻及びグリュモフ一等書記官夫妻が招待客を出迎えて挨拶を交わしました。
その際大使館関係者より日頃の当協会の活動に感謝の言葉がありました。レセプションでは、大使館側より特別の挨拶もなく、静かに始まり会場各所で、お互いに旧知の顔を見つけると個に輪ができ賑やかになり、昨年の10周年記念同様盛況でした。

当協会からは会長が海外出張のため欠席でしたが白木副会長をはじめ招待された多の会員も参加し、前ウズベキスタン大使の中山恭子氏も同席され会員と親しく話しを交わしました。なお中山恭子氏は、北朝鮮の拉致問題で、拉致された家族の支援の責任者になられました。
又招待客より贈られたスタンド花が飾られ、当協会よりのを含め昨年より多くの花が、会場を華やかにしていました。
 
このページのトップへ移動する
© Copyright 2001 - 2018 The Japan-Uzbekistan Association. All Rights Reserved.
日本ウズベキスタン協会 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-1-3F TEL03-3593-1400 E-mail:jp-uzbeku@nifty.com
嶌信彦のホームページはこちら